上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行ける時に行かなきゃと、傾山登山を決行

一人で行くのもあれなんで、バディー役を会長にお任せです



RIMG0775.jpg
アホが二人集まれば、そりゃー空だって晴れますよ 




RIMG0782.jpg
道から鹿が出て来るなんて事も当たり前 

馬鹿(しか)だけに、、、なんて。


こんにちわ  




RIMG0780.jpg
橋の名前なんて解りません




RIMG0786.jpg
九越登山口に着くと、まずは川沿いの道を行きます



RIMG0788.jpg
滝も有り、BBQなんてしたら最高でしょう



RIMG0789.jpg
川で一枚頂きます。

今思うと軽装備で、なんて舐めた格好をしておるんだろうと思います




RIMG0792.jpg
行きは簡単な登り坂だけど、帰りは過酷なんですよこれが。



RIMG0793.jpg
木漏れ日フラッシュ!

えーと、ビールはっと、、、、、早いかっ



RIMG0794.jpg
いつまでも歩き続けたくなる木漏れ日ロード

でもこれは楽過ぎでは???




RIMG0796.jpg
なんて思ったのも束の間

今から本番です。 くもの巣も張っていて最近人が入った形跡なさそう・・・

ヤバイのでは




RIMG0797.jpg
すぐに分かれ道になり、三ツ尾コースに入ります

ここからが思ってた以上にハードな道が続きます。 女性や子供は無理かも。



RIMG0799.jpg

左下には滝が見えます

これが観音滝かなぁ




106.jpg
1時間ほど過酷な山道を登ると道路に出てきました。

久しぶりに履いた登山靴とハードな山道で、早くも足が痛いです

マメが出来る前に早めにテーピングでケアを。




RIMG0807.jpg
道路にあった地図



RIMG0812.jpg
とりあえずそのまま道路を登って行きます
(道路を進んだら駄目なのに間違えました・・・ゴメン友よ)



RIMG0824.jpg
そんな空っぽの僕の頭の上にも、平等に空は青い。

『おばさんラピュタはあの中だ、父さんはあの雲の中でラピュタを見たんだ!』

僕じゃありません、パズー君がそんな感じの事言ってました。



そんなのんきな事を思いつつ歩く事1時間、やっと道を間違えた事に気付く。


こりゃ困ったね。 

また戻って修正するのは時間も体力も厳しいかも。



とりあえず山頂を目指すのは今日は諦めて、

九折越避難小屋に進路を修正し早めに一泊して、明日の早朝に、山頂を目指す事にします。



ここからの道のりも更に過酷。

会長の動画でもどうぞ。。。








20kgのザックをからってると、中々大変です。

ここまで特に怪我もせずに順調進みましたが、僕らの快進撃もここまでのようです。






更に30分程進んだ所で、注意はしていたものの突如現れたスズメ蜂達の襲撃に会う。


恐らく洞窟を2つ横切ったのでその中に巣があったのかも知れません



回避出来ずに3発くらって撃沈。      会長も1発貰い、二人共あえなく戦意喪失。




そのまま下山→病院→帰宅と相成りました。



山では今はスズメ蜂がピークの時期を迎え、黒のザックと紺色のTシャツを着た僕は良い獲物だったと思われます。

特に今年はスズメ蜂の当たり日だそうです。



出会った時の対応は知ってたつもりでしたが、

今考えると攻撃色の黒っぽいのを身に纏い、更に道を間違え人通りの少ないコースに入ったのは

やはり無謀だったとしか言えません。



幸い二人とも大事に至ること無く無事に帰る事が出来きて良かったが、反省しないと・・・。




同じ鉄は二度踏まんです。


もっと勉強・下調べをして、安全に楽しく山に入れるように頑張んばろうと思います




そんなわけで、山頂を見る事無く下山して来ましたがリベンジはするつもりです。





だって山サイコー!!









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。